東京での面接の心構えは?

東京が本社という会社も多いために、面接は東京で行われる会社も多いようです。

通常の面接は一次、二次、最終選考という流れが多いようですが、一番大切なのは二次面接です。

なぜかといいますと、最終選考までたどり着いた方は、ほとんどのケースの場合不採用になりませんね。

最終面接は重役の方々が努めるわけですが、重役の方々の貴重な時間を割いて面接するわけですから、ほとんど採用の可能性が高いわけです。

だから面接で一番大切なのは二次です。

面接の心構えですが、あなたの自己PRや志望動機、また将来のビジョンなどいろいろと考えておられると思いますが、定型文的な返答はよくありません。

それぞれ深く掘り下げて、あらゆることに対してなぜ?と問いかけてみることが大切です。

面接官は本当のあなたはどういった人物なのかを知りたいわけですから、表面的な受け答えでは面接官に響きません。

常になぜ?と問いかけてみることが重要なことなのです。